葉サポ

葉酸サプリ・妊活のことなら「葉サポ(ようさぽ)」

あなたの【気になるリスト】()

フリーワード検索

日常生活の工夫でできる妊活「冷え対策」と「ストレス軽減」

   

妊娠は、本当に奇跡の連続です。

健康な男女がタイミングをはかっても妊娠する可能性はわずか20%~30%と言われています。そこには順調に受精卵が子宮内に着床し、順調に育つ奇跡の連続があります。

女性の社会進出の背景には高齢出産や少子化、さらには男性不妊も増える現代。また、赤ちゃんを望む夫婦にとって妊活は体力的にも精神的にも辛いことが多い活動かもしれません。

そこで今回は、日常生活でできる簡単な妊活の方法をご紹介したいと思います。

あまり気負わず、ゆったりとした気持ちで妊活ができる簡単なものなので、是非参考にしてみてください。

おすすめの冷え対策3つ

女性は冷え症の方が多いですが、実は冷えは不妊の一つの要因です。女性の卵巣や赤ちゃんが育つ子宮は下半身にあり、冷えの影響を受けやすい場所なのです。

手足だけでなく体が温まる対策をしましょう。

体が温まる食べ物飲み物を摂取する

例えば、冬が旬の鯖やかぼちゃやネギ、生姜を使ったお料理や紅茶は、体を温めます。

反対に夏が旬のトマトやきゅうりやスイカ、牛乳やビールは体を冷やしてしまいます。

湯船にゆっくり浸かる

忙しいとお風呂をシャワーだけで済ませていませんか?体の冷え対策はやはり体の芯まで温めることです。

また、湯船にゆっくり浸かることで自律神経の副交感神経を働かせストレスを軽減することも妊活にとって重要です。

疲れをとり、リラックスし体の芯まで温める習慣をつけましょう。

冷房に気を付ける

オフィスワークや外出時など冷房による影響も冷えの原因です。

カーディガンやストールなどを持ち運ぶようにしたり、冷房が直接肌に当たらないように気を付けましょう。

また、同じ姿勢は血行不良にもなるので、時々軽いストレッチを行うなど同じ姿勢にならないように心がけましょう。

おすすめのストレス対策2つ

仕事や家事だけでなく、妊活が続いたり、周囲から子どもを急かされたりとストレスをためることも妊活の大敵です。ストレスは、ホルモンのバランスや自律神経を乱してしまいます。

質の良い卵子は、ホルモンが十分に分泌されることで育てられます

また、自律神経の交感神経と副交感神経、いわば体のオンとオフの切り替えを上手くできなければ、体は上手く機能しなくなります。

ストレスを軽減できる方法を見つけることも妊活の良い手段です。

適度な運動やストレッチを行う

無理な運動は余計にストレスになってしまいます。

ウォーキングやジョギングなど休みの日を利用して軽く体を動かしたり、自宅でヨガやストレッチなど心がゆったりできる時間をもちましょう。

適度な運動は体を温める意味でも妊活に良いと言えます。

鼻呼吸、腹式呼吸を心がける

口で浅い胸式呼吸をするということは、肺の一部にしか酸素を届けられておらず、体全体に酸素を行き渡らせることができていません。

その結果、子宮が冷える上交感神経である体がオンの状態が続き妊娠しにくい体になってしまうのです。

鼻呼吸、そして腹式呼吸を行うことで体全体に酸素を届けることを意識しましょう。さらに腹式呼吸は副交感神経を働かせることもできます。

まとめ

いかがでしたか?実は、日頃の生活でも妊活できる方法はあるのです。

妊娠し出産するまで、お母さんの体がしっかりとしていなければいけません。

冷えやストレスの軽減など、まず身近にできるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
・女性の冷え症状と不妊症との関係について - J-Stage
・腹式呼吸が自律神経機能に与える影響 - J-STAGE
・周期当りの妊娠率 | みずうち産科婦人科(元データ:Zinaman, MJ, Clegg, ED, Brown, CC, et al. Estimates of human fertility and pregnancy loss. Fertil Steril)

 このページを共有

 -

ページのトップへ